かつての名機マッキントッシュC22を近年のリニアーICで現代的に再考したa22Ⅱです。

 C22のフォノイコライザー回路の定数は少々変則的な数値でした。しかし、時定数としては決して間違ってはいませんでした。本機は勿論その定数をそのまま再現し、現代風にアレンジした現代風C22です。

 C22を真空管式でそのまま再現しますと現代のオーディオ機器の電気的内容とは少々問題が生じます。そこで近年のリニアーICを使用して現代風に置き換えたC22です。

 真空管式の時代は真空管自体の増幅率の関係で大きな増幅率を必要とするMC型カートリッジは対応出来ませんでした。そこで当時は昇圧トランスで対応しておりました。しかし、リニアーICの場合は莫大な増幅率を有しておりますのでMC型カートリッジも全く問題無く対応可能です。

 これは左のツマミで増幅率を調整します。更に、右のツマミでカートリッジの負荷抵抗の調整が可能です。

 これらの事でほぼ全てのカートリッジに対応可能とした現代風C22です。

 更に詳しくは下記にアクセス下さい。増幅率の調整や負荷抵抗の調整なども詳しく説明しております。

 尚、本機の電源は3Pコネクター式になっておりますがケーブルは付属させておりませんのでご用意願います。

http://www.mejogran.com/newpage501.htm