2022/5/14
 お久しぶりです。ここの所妙に障害に苛まれ思うような行動が取れませんでした。とは申せ決して大きな内容に至る程の事ではありませんでしたので先ずは安心といったところでしょうか。

 さてさて、オンキョーがいよいよとなりました。オンキョーと言えば我が国のオーディオ界の老舗中の老舗です。淋しいですね。しかし、オーディオ界ではガレージメーカーが出ては消え、出ては消えです。その数、天文学的数字とは申しませんが大変な数に登ったと思っております。

 そんな中我がメジャグランは30年の長きの間皆様にお世話になっております。それもこれも全て皆様のお陰だ ! なんて事は私は申しません。何せそんな事は誰にでも言える事ではありますし、そんなおせいじめいた事を申し上げても誰も振り向いてもくれませんのでね。

 ニュースでは最近のオーディオシステム離れが原因だと何処の局も言ってります。確かに最近は優秀なヘッドフォンシステムが乱立しております。それらは確かに便利だし何処でも音楽を楽しめるグッドアイテムだと思います。

 しかし、私は基本的な原因は都会の住宅事情だと思っております。私の棲む東京葛飾区の金町は東京とは言え決して都会ではありません。土地100坪前後のお宅も数多く散在します。しかし、ここ20年程度の間は工場が潰れたり移転した跡地はせいぜい20坪前後の細切れ状態の住宅ばかりと化しております。

 土地20坪程度ですとオヤジさん用にオーディオルームなど出来る筈がありません。当然オーディオ離れは仕方がありません。昔はあれ程あった秋葉原のオーディオショップもほとんどが店をたたみました。淋しい限りです。

 しかし、オンキョーが潰れた原因はそればかりではありません。私に言わせればどのメーカーも作る当たり前の物ばかり作っていてもいずれは潰れるのです。生き残ろうとしたら斬新な物を作るべきなのです。では何故斬新な物が作れないのか ?

 その根本的な原因は技術やがオーディオマニアではないからだと思っております。もし、技術やがオーディオマニアだった現在の当たり前の再生音で我慢出来る筈がありません。要するに 「疑問を持たない」 のです。

 全ては疑問から始まります。疑問を持てば解決策も考えます。それが進歩なのだと考えております。

 当たり前の物の物を当たり前に作る事は誰にでも出来る事です。要は 「当たり前では無い物を当たり前に作る」 私はこのコンセプトの基に30年 ? で、今後は ? 何せ私は今年で71歳になります。そろそろなんて事も・・・。

 本日はこれでおしまい
2022/1/31
 久々の更新です。決して身体を壊した訳ではありません。少々長い休暇を取らせて頂いただけの話です。

 さてさて、先日久々に秋葉原へ小物部品を調達に行って来ました。最近はコロナの関係もありなるべく纏め買いをする事にしております。何せ秋葉原の部品やさんは何処でもマイナス換気抜群ですのでね。とは申せ未だ部品の品不足が続いておりまして一つの部品を買い求めるのに何軒も行かなければなりません。この状態はいつまで続くのか ? 少々嫌気が指します。

 先日は少々訳あってバスで出掛けました。問題はそのバスなんです。先日の某氏の場合です。自分は若い積りでいた某氏なんです。何と席を譲られてガッカリしたとの事でした。私は自分には無関係の話しだと思って何も感じませんでした。

 さてさて、先日のバスは少々混んでおりまして席は全て塞がっておりました。すると何と席を譲られてしまったのです。私の本音

 ガッカリでした !  おしまい。
2021/11/25
 RSコンポーネンツから頼んでいたICの納期連絡のメールが入りました。何と来年の6月と言うのです。

 !!!!! !!!!! !!!!! ???? ???? ????

 ひょっとしたらその頃には私は仕事を辞めているかも知れません。

 とは申せ現在受注している品物はお断りする訳には行きません。

どうしましょ !
トップページ
2021/11/24
 ICが入ってこないのです。

 私はICはRSコンポーネンツにお願いしております。RSコンポーネンツの本社はイギリスにあるそうです。我が国では横浜が拠点のようです。在庫も当然横浜倉庫なのです。もし、横浜に在庫が無くても数日以内には入って来ました。今までは !

 しかし、ここの所のIC不足でリニアーICまで不足しているようなんです。

 私が使っているICは当然最も一般的にある物です。最悪の場合は秋葉原に行けば何とかなるとは思います。しかし、秋葉原の価格は馬鹿げた値段なんです。それで無くても以前と比べたら最近は以前の値段の数倍に跳ね上がっております。しかし、秋葉原の値段は数十倍に跳ね跳ね跳ね上がっているのです。あの値段では当然使える値段ではありません。

どうしましょ !

オジンのたわごと  No,2