エキスパンダーは50数年前から存在しておりました。しかし、当時の物は音楽自体のタイミングと動作に少々時間差があり違和感のある音でしかありませんでした。

 本機の場合は LED+cds のカップリング素子を使用して時間差の無い自然な鳴り方を実現させました。

 例えばピアノの激しいタッチです。当然コンプレッサーによりピークは押し潰されて淋しい音のソフトがほとんどです。その失われた音を元に戻すのがエキスパンダーです。

 昔から “オーディオマニアは嵐がお好き” と言われました。嵐の時は風雨の音でオーディオ機器の音を少々大きくしても家族が気にならないからです。そこでエキスパンダーを使用しますと音は大きくしなくても必要な時に必要な分だけに作用しますので普通の音圧で聞いていられます。


トップページ
 この再生側の特性で再生するのがエキスパンダーです。
再生側の特性
 元に戻す為には下記のような特性で再生すれば元に戻る筈です。
コンプレッサーにより押し潰された音声信号
本来の楽器の音声信号
 本来はリニアー特性で録音するのが望ましい。しかし、各録音メディアのフォーマットには最大値の限界があります。その限界に収まるようにコンプレッサーにより音声信号を押し潰します。

 その結果下に示す結果となってしまいます。
コンプレッサー特性
リニアー特性
 出力は3回路並列接続です。本機は出力負荷として400オームまで対応しております。よって、負荷として一般的なオーディオ機器であれば数十台まで問題なくドライブします。

 接続方法

   各プログラムソース機器⇒本機⇒プリアンプ

 となります。
オープン価格)
300w×50h×200d(筐体サイズ) 電源ケーブルは付属しておりませんのでご用意願います。
 エキスパンダーはコンプレッサーにより失われた音を蘇らせます。
EXP―ⅡS